★Top ★セミナ・イベント ★メルマガ ★コラム ★書籍・DVD ★パートナーズ ★認定校 ★お問い合わせ

コラム
No.1 トランス脂肪酸問題のまとめ
No.2 カプセル蒸留でできること
No.3 真空技術で広がる世界
No.4 毒のある花

No.1 トランス脂肪酸問題のまとめ

トランス脂肪酸が冠動脈疾患のリスクを高めるとして、WHOは総エネルギー摂取量の1%未満に抑えることを勧告しています。それを受ける形で、米国FDAは、トランス脂肪酸を食品に用いることを禁止することを決定しました。

日本でも、食品安全委員会、農水省がトランス脂肪酸問題のまとめを発表しています。
○農水省 トランス脂肪酸
http://www.maff.go.jp/j/syouan/seisaku/trans_fat/index.html
○食品に含まれるトランス脂肪酸の食品健康影響評価の状況について(食品安全委員会) 
http://www.fsc.go.jp/osirase/trans_fat.html
○科学無視のトランス脂肪酸批判 思わぬ弊害が表面化
http://wedge.ismedia.jp/articles/-/1932?page=1

トランス脂肪酸は、週刊誌などに「狂った油」「食べるプラスチック」などと酷評され、今でもネット上では毒物扱いする記事も多くみられます。しかし、日本でのトランス脂肪酸問題は、少し複雑です。

クッキーなどを焼くときに、植物油だけだとべたべたしたものになり、バターなどの固形の油を使うとカラッと仕上がります。しかし、バターは高価で、生産量も限られるため、何とか安価な植物油を使って、バターのような油が作られないかと考えて作られたのが水素添加油脂です。
植物性油脂に高温高圧で水素を反応させると、油脂に含まれる不飽和脂肪酸に水素が入ります。
  リノール酸 + 水素 → オレイン酸
  オレイン酸 + 水素 → ステアリン酸
といった具合ですが、このとき天然にはほとんど存在しない、トランス脂肪酸ができてしまいます。
トランス脂肪酸は、マーガリンやショートニングなどの水素化油脂に含まれ、それらを使った焼き菓子、ケーキ、クリーム、揚げ物などに多く含まれています。

平均的な日本人のトランス脂肪酸摂取量は、アメリカ人に比べてずっと少なく、総エネルギーの1%未満で、WHOの勧告値を下回っています。
ただし、10代〜20代の女性で、お菓子やケーキ、ファーストフードなどに偏った食事をしている人は、トランス脂肪酸の摂取量が多く、心疾患リスクが高まります。

企業もトランス脂肪酸の含有量が少ないマーガリンやショートニングを開発しており、この数年間で、マーガリンなどに含まれるトランス脂肪酸は減少しています。
製品に含まれる、トランス脂肪酸を調べた情報も公開されているので参考になります。
http://news.livedoor.com/article/detail/10335297/

製品中のトランス脂肪酸は減少しており、今後日本では大きな問題にはならないと考えられていますが、トランス脂肪酸が減少した分、今度は飽和脂肪酸の摂取量が増えると考えられます。
飽和脂肪酸も心疾患の原因であり、過剰摂取は控えるべきものです。しかし、食の洋風化で、日本人の飽和脂肪酸摂取量は増加しており、すでに20代〜30代の女性は、目標量を上回っています。このような食事のバランスの崩れが、将来の健康リスクを高めることが懸念されています。

トランス脂肪酸ばかりに目を向けるのではなく、食事の栄養バランスを考えて、きちんとした食生活を送ることが最も重要です。                                                                                                                            


No.2 カプセル蒸留でできること

【 花 】
花のデリケートな香りは、従来の水蒸気蒸留では熱や酸素で分解されるので、抽出が難しかったのですが、カプセル蒸留の減圧水蒸気蒸留モードは、低温で空気がほとんどない状態で蒸留するので、花の香りそのものの芳香蒸留水を作ることができます。完全密閉状態で蒸留するので、少しの花からも無駄なく香りがとり出せます。季節ごとに咲く花の香りを化粧水や芳香剤として利用することができます。
水仙、蝋梅、梅、ミモザ、桜、ライラック、ジャスミン、ネロリ、スズラン、ヒヤシンス、クチナシ、バラ、ハマナス、ラベンダー、ユリ、キンモクセイ

【 柑橘類 】
 柑橘類は、実はもっとも蒸留しやすい材料です。精油は皮に含まれるので、食べた後の皮を冷凍しておき、ある程度の量がたまったら、フードプロセッサーなどで細かく砕いて、カプセル蒸留の減圧水蒸気蒸留モードで蒸留してみてください。通常の水蒸気蒸留では失われやすい鮮烈な香りのトップノートも、完全密閉のカプセル蒸留では回収率100%!最高の香りの芳香蒸留水とエッセンシャルオイルがとれます。
 また、カプセル蒸留の減圧蒸留モードを使えば、柑橘類を果肉も含めて丸ごと粉砕したペーストのみ(水を1滴も加えないで)で蒸留でき、果実100%の芳香蒸留水を作ることができます。これは、今まで経験したことのない鮮烈な香りの芳香蒸留水です。
 カプセル蒸留で作った芳香蒸留水やエッセンシャルオイルには、光毒性のあるフロクマリンは含まれないので、化粧水やクリーム作りに使えます。
ダイダイ、ベルガモット、ぼんたん、柚子、みかん、カボス、オレンジ、グレープフルーツ、レモン、マンダリン、ライム、デコポン、キンカン、甘夏、日向夏、ハッサク

【 樹木 】
 最近流行の和の材料を使った芳香蒸留水が簡単に作れます。カプセル蒸留は、操作が簡単なので、木の処理の仕方(チップ、おがくず、葉、枝)の条件を変えて、一番香りのよいものを作ることができます。
クロモジ、ニオイコブシ、ヒノキ、杉、クスノキ、ヒバ、吉野槇、ユーカリ

【 ハーブ等 】
 蒸留に最適のハーブ類も、カプセル蒸留の減圧水蒸気蒸留モードで最高品質の芳香蒸留水(エッセンシャルオイルが取れるものもあります)を作ることができます。ハーブはフレッシュでもドライでもOK。操作は簡単なので、気が向いたら蒸留して、できたての芳香蒸留水を使って化粧水やクリーム作ったり、ドレッシングに加えたり、料理に芳香蒸留水を直接スプレーしてもかまいません。
レモングラス、タイム、ホワイトセージ、ローズ、ローズゼラニウム、ローズマリー、スペアミント、ラベンダー、バジル、パチュリ、コリアンダー、セロリ、ヨモギ、日本茶、青紫蘇の実、月桃、バニラ、しょうが、サンショウ

【 果実 】
 新鮮な果実を薄切りにしたり、ジューサーやミキサーでジュースにしたり、フードプロセッサーで丸ごと処理してペースト状にしたものでも蒸留できます。水は1滴も加える必要はなく、果実100%の、これ以上濃厚なものがない芳香蒸留水を作ることができます。また、このようなものを蒸留しても、焦げ付くことはありません。
 蒸留は低温で空気がない状態で行うので、果実に含まれるビタミンや栄養素は壊れることなくそのまま残ります。水分だけが除かれて、栄養と甘みが濃縮されたコンポートやピューレが同時にできます。カプセル蒸留器は食品に使う材料でできているので、もちろん残った材料を食べることができます。
リンゴ、イチゴ、パイナップル、桃、梨、ブドウ、メロン、ブルーベリー、ラズベリー、キイチゴ
【 その他 】
カプセル蒸留は、蒸留するものを選びません。固体、液体、ペースト、生もの、乾燥したもの、製品など、どんなものでも蒸留できます。アイデア次第で、いろいろなものを蒸留してみてください。
コーヒー、紅茶、ウーロン茶、アーモンド、ヘーゼルナッツ、各種香料の抽出(柔軟剤、食品、芳香剤など)

カプセル蒸留スターターキットのお求めは → カドリーサボン


No.3 真空技術で広がる世界

 真空と聞くと、なんだか難しくて科学屋さんの世界の話のように思えますが、実は身近に真空を使ったものは多くあります。
・魔法瓶 二重構造の瓶の内部を真空にして、熱が伝わりにくくしています
・フリーズドライ 乾燥野菜、フルーツ、インスタントコーヒー、乾麺などに利用されています
・真空パック 空気と触れないので食品が長持ちします
・真空炊飯器 お米を真空にすることで、空気が抜けて、水が浸透しやすくなり、早く炊飯できます
・卵のパックやブラスチック製品の成型
・化粧品や食品の容器への充填
・石油を減圧蒸留して、ガソリン、灯油、航空機燃料を作る
・ソーラーパネル、テレビやスマホの液晶、宝飾品のメッキなどにも使われています
 真空技術の特長は、
(1)空気に触れないので酸化しにくい、雑菌が繁殖しにくい(フリーズドライ、真空パック)
(2)空気が抜けて、水や油がしみこみやすくなる(真空炊飯器、レトルト食品)
(3)沸点が低くなり、水が蒸発しやすくなる(フリーズドライ、石油の蒸留、メッキ)
などです。
 LSアカデミーも、早くから真空技術に目を付け、ハーブの抽出や蒸留に応用し、誰でも使えるような形にしてセミナーでお教えしています。
【ハーブ真空抽出(HVE)】
 真空技術の基礎から始めて、まず真空保存容器の使い方を学びます。この容器があれば、食品や飲料、フレッシュハーブなどを真空で長期間保存できます。HVEは容器を真空状態にしてハーブを抽出するので、ドライハーブに含まれる空気が抜けて、オイルが内部まで浸透し、効率的にハーブ成分を抽出できます。また、エタノールの除去は減圧蒸留という方法を使い、低温で蒸留するので、ハーブ成分から抽出した大切な抗酸化成分も分解しません。
【カプセル蒸留】
 減圧水蒸気蒸留/減圧蒸留が簡単にできるようになりました。今まで、大型の装置を使わなければできなかった減圧蒸留が、キッチンで片手間でできます。簡単だけど、できた芳香蒸留水やエッセンシャルオイルは市販のものと比較しても最高品質。これは、減圧蒸留することで、芳香成分が低温で空気のない状態で蒸留できるので、ほとんど酸化や熱分解しない。しかも、工業用減圧蒸留装置では実現できない完全密閉状態での蒸留なので、揮発しやすいトップノートの芳香成分も100%回収できるからです。
【真空超音波乳化法】
 クリーム作りは、従来クリーマーなどで長時間かき混ぜる必要がありました。このとき高温で空気に触れるので成分の酸化が問題になっていました。超音波真空乳化法は、クリーム作りを真空で行うもので、オイルやハーブ抽出成分が分解しないので、高品質で腐りにくいクリームを作ることができます。この方法は、真空・密封状態で超音波で乳化する画期的な方法です。
【アブソリュート】
 季節に咲くデリケートな花の香りの抽出は、水蒸気蒸留ではうまくいかないものが多かったのですが、溶媒(溶剤)抽出法を使えば、花の香りそのもののアブソリュートを作ることができます。溶媒抽出法は引火性の有機溶剤を使うので、家庭では難しいと考えられていましたが、LSアカデミーは、家庭でも簡単、安全に抽出できる方法、装置を開発しました。溶剤を除くのに減圧蒸留を使っていますが、この装置は揮発性の溶剤が外に漏れることなく、安全に使うことができます。
 LSアカデミーは、このように、今まで会社や研究者だけが使っていたスゴイ技術を、家庭でもカンタンにできるようにして、皆さんにお伝えしています。
 キーワードは「スゴイけどカンタン」です。


No.4 毒のある花

 4月から5月にかけて、一斉に花が咲き乱れ、華やかな季節になります。
 この時期、町中の植木や公園で鮮やかな黄色の花を咲かせるカロライナジャスミン。ジャスミンという名前のとおり甘い香りを漂わせる花なので、香りを楽しみたいと思って、つみ取ってお部屋に飾ったり、ジャスミンティーにしたり、チンキにしてみようと考えたりしますが、ちょっと待ってください。カロライナジャスミンを調べてみると、この花は毒を持っていることがわかります。
 厚生労働省が、毒のある植物をまとめています。
http://www.mhlw.go.jp/…/kenkou_iryou/shokuhin/syokuchu/pois…

 カロライナジャスミンは、ジャスミンとは異なる植物でゲルセミシンなどの毒を持っていて、誤飲事故の報告があります。
 植物には、虫などに食べられないように動物にとって毒になる成分を含むものが多くあります。このカロライナジャスミン以外にも、アジサイ、イヌサフラン、シャクナゲ、スイセン、スノーフレーク、ユウガオ、スズラン、スイートピー、バイケイソウ、チョウセンアサガオ、アセビ、シキミ、キョウチクトウなどに毒が含まれています。

 身近な花にも毒があるのは驚きですね。もっとも中毒の報告は主に、間違って食べたり、ハーブティーのように飲んだりしたときのことなので、花の香りを楽しむていどでは安心です。

 しかし、成分を抽出するときは注意が必要です。

チンキ:アルコールは植物毒の主成分であるアルカロイドを溶かして抽出するので、チンキには毒物が濃縮されます。毒のある植物をアルコールで抽出するのは危険です。

アブソリュート:抽出溶剤にアルカロイドは溶けにくいので、チンキほどは抽出されません。また、アルカロイドは酸性の水に溶けやすいので、抽出溶剤をクエン酸水溶液で洗うとアルカロイドを除くことができます。

水蒸気蒸留:一般的にアルカロイドの沸点は高いので、水蒸気蒸留ではほとんど来ません。芳香蒸留水はほぼ安全だと考えられます。

 いずれにしても、毒のある花や植物のことは、あらかじめよく調べて、使い方をよく考える。抽出したものを使うときはパッチテストをしてからにしてください。